「芸能界のドンもつらいよ!?」酒井法子の復帰騒動で、バーニング周防社長がご立腹!など、日々気になる芸能ニュースを配信
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女優・酒井法子の復帰舞台が、12月15日から渋谷区文化総合センター大和田さくらホールで上演される時代劇『碧空の狂詩曲~お市の方外伝』に決まった。
 会場は約700席収容で、12月24日のクリスマスイブまでの10日間で全14公演を予定。舞台は戦国時代で、主演の酒井は“戦国一の美女”とされる織田信長の妹お市の方を演じる。
 脚本・演出を担当するのは、俳優としても活躍する斎藤歩。『碧空──』のタイトルも斎藤が付けた。
 9月下旬に一部スポーツ紙のスクープで目まぐるしく動きだした復帰計画。その過程で物議を醸したのが、酒井の“後見人”の存在だ。
 ある芸能関係者は「薬物事犯であれだけの騒動を起こした彼女の芸能界復帰は、容易ではない。バックに大物が控えていなければ、(復帰に)GOサインは出ない」と断言する。
 関係者の話を総合すると、結局は前所属事務所「サンミュージック」の相澤正久社長が酒井の復帰に奔走していたことが明らかになったが、当初は“芸能界のドン”こと「バーニングプロダクション」周防郁雄社長の名前が業界を駆けめぐった。そのウワサに拍車をかけたのが、酒井の新たな所属先が「オフィスニグンニイバ」に決まったことだ。
 芸能プロ関係者は「逆さまから読むと“バーニング”と読めなくもない。そのことがウワサに尾ひれをつけ『バーニングの傘下では?』となった」と明かす。
 だが、同事務所代表の広瀬洋二郎氏はサンミュージックで安達祐実や引退した桜井幸子さんのマネジメントなどを手掛け、1996年に桜井さんとともに独立。現在同事務所には鳥羽潤らが所属している。

「むしろ近いのは相澤社長の方。一説には表の代表は広瀬氏で、実際に取り仕切るのは相澤社長と聞きます」(ワイドショー関係者)
 こうなるとご機嫌ナナメなのが、勝手に名前を出されてしまった周防氏だ。
「詳しくはわかりませんが、“御大”は『いい迷惑だ!』とご立腹していたとか。近々、相澤社長を含む関係者を呼びつけ、事のいきさつを直接聞くことも考えているそうです」(テレビ関係者)
 芸能界で何か大きな“事件”が起きるたび、黒幕=バーニングと言われるが、それも業界に大きな影響力を持つからこそ。時には「ドンもつらいよ」と言わざるを得ないようだ。

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
「ようやく正式発表も……」舞台で復帰の酒井法子 前途はやっぱり多難すぎる!「泥沼化は必至か──」大恩人の逝去で動き始めた、酒井法子の“復帰利権”11月復帰予定の酒井法子に影を落とす弟の逮捕と日中の闇人脈……li.twitter iframe.twitter-share-button { width:100px!important;}button { display:block; }コメント0ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");


http://news.livedoor.com/article/detail/7013289/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


山川豊、氷川きよしら、バンド結成!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121004-00000006-sanspo-ent

Copyright © 芸能エンタメニュースをFC2ブログで All Rights Reserved.
[PR]
ブログパーツ エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。