【コラム】スターが酒類のCM出演を控えればなど、日々気になる芸能ニュースを配信
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、韓国で1、2位を争うガールズグループのインタビューを読んでいて、ため息が出たことがある。出てみたいCMは何か、という質問に5人中3人が「ビールのCM」と答えたためだ。ビールのCMは、女性芸能人の夢といわれる化粧品のCMと同じくらい格好よく華やかだと思っているようだった。今年の5、6月には、キム・ヨナなど人気スポーツ選手が酒類のCMに出演することをめぐって論争が起きたが、芸能人たちの認識に全く変化はないようだ。考えてみると、この論争以降、実際の当事者たちは誰も口を開いていない。キム・ヨナが所属するオール・ザット・スポーツに「プライベートな場で立場を表明したことがあるか」と尋ねたところ「お答えできない」という返事だった。

 保健福祉部(省に相当)が今月初めに節酒対策として打ち立てた、国民健康増進法改定案の立法予告は、青少年が酒類のCMに接するのを制限することに大きな比重を置いている。テレビでは未成年者の視聴が許可されている番組の前後と中間に、酒類のCMを流すことを禁止する上、CM出演者が酒を飲むシーンも放送できないようにする。福祉部は、国会立法の過程で、満25歳未満のスポーツ界のスター選手や芸能人による酒類のCM出演を禁止する法案(いわゆる「イ・エリサ法」=与党セヌリ党のイ・エリサ議員が発議)も同時に論議するとしている。

 このように青少年が酒類CMに接することを制限する動きが見られるのは、青少年の飲酒問題が次第に深刻になってきているためだ。青少年の「危険飲酒率(最近1カ月間に酒を飲んだ人のうち、暴飲した人の割合)は47.2%と、2008年以降、上昇傾向にある。さらに、青少年の飲酒開始年齢は、男子が12.7歳、女子が13歳と非常に低年齢化している。飲酒開始年齢が早いほど、成人になってからアルコール依存症などになる危険が高い。

 このような状況にもかかわらず、酒類会社は若い層を主なターゲットとし、多数のスポーツ選手やアイドルをCMモデルとして起用している。酒類のCMに出演したキム・ヨナ、シン・セギョン、BIGBANG、2PM、キム・スヒョンなどは、ほとんどがようやく成人になったばかりだ。アルコール依存症などに関する専門家団体「韓国中毒精神医学会」は「青少年が、特に同一視しやすい同年代のスポーツ選手やアイドルの出演するCMに直接的な影響を受けるという事実は、幾つかの研究を通じて明らかになっている」と話した。

 外国では飲酒CMを厳格に制限している。米国では酒類会社が自ら規制しており、スター選手や、子どもたちに人気のアクションスターなどがCMに起用されることはない。ある米国人は「米国では酒類のCMに出演する俳優は、レベルの低い俳優として扱われ、絶対に成功できない」と話した。英国独立放送協会(IBA)の倫理規定には「いかなる酒類の広告にも若者に人気のある有名な人物を登場させてはならない」という内容がある。ドイツとフランスは、酒類のCM自体を禁止している。

 スターたちがCMに出演し、収入を上げるのは自然なことだ。現時点では、スターが酒類のCMに出演する上で法的な制約があるわけでもない。しかし、今回の長期国会では、酒類のCM制限とともに、25歳未満のスターが出演する酒類のCM禁止をめぐる論議が多角的に行われる予定だ。法で禁止する以前に、青少年たちへの影響力が大きいスターたちが自発的に「今後は酒類のCMには出演しない」と宣言すれば、どれほど新鮮だろうか。青少年の飲酒に対する警戒心を高める上でこれ以上効果的なことはないだろう。

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/7001887/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


デパート化粧品売場の美容部員が見た「
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121001-00000303-jisin-soci

Copyright © 芸能エンタメニュースをFC2ブログで All Rights Reserved.
[PR]
ブログパーツ エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。