ちあきなおみ 逝去から20年・・・夫の命日に「墓前で大号泣」など、日々気になる芸能ニュースを配信
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「喪服を着て、たったひとりで亡き夫のお墓参りをするのが20年間の習わしになっているようです」(音楽関係者)
 宍戸錠(78)の実弟で俳優の夫・郷鍈治さん(享年55)を肺がんで亡くしたことをきっかけに92年、突然芸能界から姿を消した、ちあきなおみ(65)。

 都心にある郷さんの墓は89年1月、ちあきの母が逝去した年に彼女が建てたもの。20回目の命日となった9月11日は、朝早くからファンが訪れ、花を手向けていた。
「彼女は夫のお墓のそばにマンションを買い、命日はもちろん、春と秋のお彼岸やお盆には必ず墓参に訪れています」(ファンのひとり)

 命日の黄昏時、喪服のアンサンブル、前髪を黒いカチューシャで押さえた眼鏡姿のちあきが、亡き夫が眠る寺に姿を見せた。黒のビーズバッグを持ち、左手首には数珠。薄化粧の彼女の薬指には、今も結婚指輪が輝いていた。本堂の前で軽く頭を下げ、夫の墓前に向かった彼女の顔は20年前の思い出が甦ったのか徐々に険しくなっていく。

 手桶の水で墓石をなでるように拭いていた彼女の指が、『鍈治』の文字をなぞるようにしたころ、嗚咽を抑えるよう白いハンカチを口元に当てた。持参した花をハサミで整え、郷さんに語りかけるように1本1本丁寧に差し替える間も、嗚咽は止まらないまま。
 約1時間強、墓前にたたずんでいた彼女は近くの通りに出ても涙が止まらず、目頭にハンカチを抑えたままだった。

「芸能界を退いた彼女の主な収入は歌唱印税です。毎年のように復刻版が出ており、単純計算で年間1千500万円ほどの印税が支払われていると思われます」(音楽評論家)

 墓参の帰り際、ちあきに声をかけると、
「すみません……」
 そう言い残し、ハンカチを口元に覆い駆け出して行った。根強いファンのためにも、再び彼女が歌う日を願うばかりだ――。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
関連記事
浅野ゆう子 左半身麻痺の田宮五郎へ「私が手足になる」高倉健 あなたへ・・・30年間続けいていた「亡き妻への極秘墓参り」地井武男 12歳年下妻見守った“最後の散歩”


http://news.livedoor.com/article/detail/6963713/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


ちあきなおみ 逝去から20年…夫の命日に「墓前で大号泣」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120919-00000303-jisin-ent

Copyright © 芸能エンタメニュースをFC2ブログで All Rights Reserved.
[PR]
ブログパーツ エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。