日々気になる芸能ニュースを配信
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●海老蔵は身重の麻央と京都へ
「地震後に心配で連絡したら、大阪の超高級ホテルにいると聞いて驚きましたよ。まぁ、年齢の割に行動力があると……」
 こう驚くのはさる出版関係者。大地震が起きた翌々日には大阪にいたのは恋愛小説やエッセーが人気の某大物作家だという。
 東日本大震災とその後に起きた原発事故で東京を離れた人は多いが、有名人も避難するのが早かった。テレビ関係者はこう言う。
「レギュラー番組やコーナーがないタレントや俳優はすぐに西へ避難しましたね。元スポーツ選手や有名スタイリスト、文化人も東京を離れた。みんな、60代以上の高齢者ばかりですよ。放射能は関係がないような気もしますが……」
 歌舞伎俳優の市川海老蔵と小林麻央夫妻も都内の“ピンク御殿”を離れて京都のひいき筋の元に滞在中とか。7月に出産を控える麻央を気遣ってのことだ。
 仕事のため都内にとどまらざるを得ないが、放射能が気になって仕方がない人たちもいる。
「イベントには欠かせない某男性タレントは“放射能が怖いから家を出ない!”といって仕事をキャンセルしたとか。某有名私立学校に子弟を通わせている角界関係者と歌舞伎関係者は、放射能が心配で外出をやめさせ、子供たちの卒業式も欠席させたそうです」(芸能プロ関係者)
 誰にも告げずに被災地へ支援物資を届けるタレントもいれば、誰にも告げずに関西のホテルや温泉地でくつろぐタレントもいる。考え方は人それぞれ。
(日刊ゲンダイ2011年3月29日掲載)



http://news.livedoor.com/article/detail/5452579/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


唐沢、天海ら所属研音チャリティーイベント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000011-sanspo-ent
スポンサーサイト
写真拡大香里奈(「第12回東京ガールズコレクション」より)雑誌「Ray」などで活躍する人気モデルの香里奈、女優の田中麗奈らが所属する芸能事務所テンカラットが29日、東北地方太平洋沖地震支援キャンペーン「TEN CARAT we are one.プロジェクト」を立ち上げた。

もっと写真を見る

同プロジェクトは支援策第1弾として、テンカラット所属全アーティストによる「YAHOO!JAPAN 東北地方太平洋沖地震チャリティーオークション」を実施。

香里奈、田中麗奈らが週替わりで私物を出品。落札された金額は、全て日本赤十字社を通し被災地へ寄付される。

さらに同プロジェクトは、被災地でニーズの高い衣料品約5000点を被災地へ寄付したことを報告。テンカラットは今後も継続して支援策を検討していくという。(モデルプレス)

【関連記事】
他の写真・記事詳細をもっと見る
香里奈、マリエ、マツコ・デラックスが生理痛に悩む女性にメッセージ
香里奈主演、「美咲ナンバーワン!!」第9話放送
香里奈主演、「美咲ナンバーワン!!」第8話放送 人気アーティストもゲスト出演
香里奈、湘南乃風・若旦那とドラマ初共演

【関連リンク】
「TEN CARAT we are one.プロジェクト」チャリティーオークションページ - Yahoo!オークション


http://news.livedoor.com/article/detail/5452843/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


ACのCMに出演の高校生、実は有名俳優の息子だった!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000004-rbb-ent
いまテレビ業界で話題なのが、高城剛だ・・いやいや、結構前からでしょだって?それが今回は違うようで・・。


「高城剛にオファーが殺到しているのが、実は現在の彼のライフワークが震災とバッチリマッチしたから。過去には異常な収集家としてオタク代表のような彼だが、現在はCDやDVD、本をほとんど処分して、ノートパソコンとモバイル機器に全て詰め込んで【モノを持たない生活】をしている。しかも、家は必要ない、身軽に世界を飛び回ろうというスタイルなんです。原発には早くから反対を表明し自分で西表島に風力発電機まで立てている。政府にもブログで欧米にならってサマータイムの導入を提案しているのです。震災後の日本でおきている様々な問題について、語れるから【第二の池上彰にもなれる】と争奪戦が始まっているんです。(民放関係者談)」


そんな中で、大震災で存在が消えてしまいそうなのが沢尻エリカだ。


「たかの友梨のCMも【悪女】がテーマのエステのCMなんてこのご時世流したら大バッシングは間違いないですから。いちおう【聖女編】と言われるCMは流され始めたが、ネットでは批判も多い。しかも、受け入れ先とも言われたエイベックスもこの大震災でCDなどが一気に売れなくなる可能性も高い。もっと言えば、美容エステのたかの友梨のはいわゆる【贅沢産業】な訳で、自粛する女性が多くなりそうで不安定なんです。(芸能ライター/小林真一)」


一時は沢尻エリカがマスコミをうまく使い高城剛を窮地に追い込んだと思われたが、形成は逆転してしまったようだ!


木村拓哉がさんまとウルトラC復興策!27時間テレビでコラボか?
干された美人アナ移籍と復活
月9最終回グダグダ低視聴率にやはり打ち切りの声も
東国原元そのまんま東に爆弾ネタか?


最新更新情報は、Twitterからどうぞ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://twitter.com/geinoura


■関連記事
・大震災で明暗別れた高城剛と沢尻エリカ



http://news.livedoor.com/article/detail/5453715/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


NHK新番組「にっぽんの
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110330-00000013-the_tv-ent
写真拡大レシピ本の第2弾発売が決定した速水もこみち 俳優・速水もこみち(26)が、自身が書き留めてきたレシピを集めた料理本第2弾『MOCO飯~きみを笑顔にする料理(仮)』(マガジンハウス)を5月19日に発売することが30 日、わかった。芸能界ではすでに料理男子として知られる速水は、昨年7月にレシピ本第1弾を発売。その後1年をあけず第2弾の発売が決定した。今回はオリジナルレシピ50点以上を紹介し、いわゆる“男料理”とは思えない、栄養面でのサポートを考えたカラフルなメニューを掲載。料理男子としての才能を存分に知れる内容となっている。

【写真】パティシエ並みの腕前を披露する速水

 身長186cm、8.5頭身という驚異的なルックスからはなかなか想像しがたいが、もともと料理好きだったという速水。和洋中からスイーツまで幅広いジャンルで得意料理を持ち、今回はお気に入りの調味料、そして調理器具などマニアックな一面も紹介している。第2弾の発売にあたり、「感謝の気持ちとともに、愛情が詰まった2冊目です。お口に合えば幸いです」と、爽やかな“おもてなし”コメント。同書の発売を記念し、5月8日は大阪、15日には東京でファンイベントも開催される。

 また、あす1日からスタートする日本テレビ系朝の新情報番組『ZIP!』(月~金曜 前5:50~8:00)内では冠コーナー「moco’sキッチン」が誕生。「好きで始めた料理でしたが、番組のコーナーを担当させていただけるとは夢にも思わなかった出来事です」と感無量の様子だ。さらに女優・相武紗季主演で4月27日から始まる同局系新ドラマ『リバウンド』(毎週水曜 後10:00)ではパティシエ役で出演決定と、プライベートから仕事まで料理尽くしの1年となりそうだ。


■関連記事
・【写真】速水もこみち、プライベートは収集癖あり「フィギュアには目が……」(09年03月23日)
・「水着美人&美男子ランキング」男性は速水もこみち3連覇、女性1位は?(10年07月23日)
・速水もこみちの隠れた才能、実生活での“料理男子”ぶり(10年07月30日)
・相武紗季、85kg“おデブ”役でドラマ主演 「太った姿の自分を想像し、わくわく」(11年02月15日)



http://news.livedoor.com/article/detail/5454067/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


高額義援金 イチローが1億円、久米宏が2億円など…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000040-spn-golf
写真拡大所属事務所のプロフィールページ。CMでは気弱そうだが、こちらはキリッとした表情を見せている  写真一覧(3件) 電車に妊娠した女性が乗り込んでくるも、席を譲り損ねた高校生……。そんなACジャパンのCMが流れているが、その高校生を演じたのは、有名俳優を父に持つ俳優だった。

 その高校生を演じているのは、俳優の大和田健介。父は大和田伸也、母は五大路子、叔父夫婦は大和田獏、岡江久美子という芸能一家のサラブレッドだ。大和田健介は、これまでも映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」、ドラマ「ごくせん」などに出演。カルピスウォーターのCMでは川島海荷が憧れる先輩役をやっていた。

 東北太平洋沖地震の影響でCMの自粛が相次ぎ、民放各局ではACのCMが大量に流れる事態になっており、大和田健介出演のCMも大量に流されている。そのためか同CMでナレーションされる宮澤章二の「行為の意味」という詩や、別バージョンのCMで流される金子みすゞの詩集が人気となっており、この高校生についても誰なのかと話題となっていた。
■関連ニュース
“大量オンエア”ACのCMに出演、仁科仁美がブログで“苦しい胸の内”明かす
「視聴者の皆様に不快な思いをおかけした」CM大量放送のACジャパンが謝罪
「ピカルの定理」を降板、平野綾がブログに心境「いつかは復活できる」
「その行動力に感動」……はるな愛が福島県を2度慰問し被災者を激励
「この国に生まれたことを誇りに」……被災者への応援メッセージ【俳優編】
“涙の会見”レスキュー隊隊長の娘、グラドル高山智恵美がブログに心境
「私たちはあなたの側にいます」……被災者への応援メッセージ【アーティスト編】
狩野英孝が募金で集まった321万3587円を義援金口座に……何度も感謝をつづる
「日本は決して屈しない」……被災者への応援メッセージ【スポーツ編】


http://news.livedoor.com/article/detail/5451781/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


自分の名前が肩書きになる生き方のほうが面白い(野口健)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110330-00000000-rnijugo-bus_all
 かつて多くの大物スターを抱えていた芸能プロダクションの元代表が、覚せい剤を使用したとして逮捕・起訴された。

 ソウル中央地検強力(凶悪犯罪担当)部(キム・ヒジュン部長)は29日、芸能プロダクションS社の元代表L容疑者(47)を逮捕・起訴した、と発表した。L容疑者は昨年12月から今月初めまで、オフィステル(住居兼事務室)の自宅などで3回にわたり、覚せい剤0.05グラムを水に混ぜて飲んだ疑いが持たれている。

 L容疑者は2006年に人気タレントAさんと結婚し、S社には一時期、韓流スターJさんなどが所属していた。L容疑者も芸能人に劣らないほど知名度を上げたが、検察は昨年、麻薬を使用していたとして摘発されたタレントのキム・ソンミン氏、コメディアンのチョン・チャンゴル氏に対する捜査を行った際、L容疑者が覚せい剤を使用した証拠をつかんだという。L容疑者は今月初めに検察に逮捕され、覚せい剤検査でも陽性反応が出たとのことだ。

 検察の関係者は「L容疑者は芸能界に幅広い人脈を持っていたため、ほかにも著名な芸能人が関与している可能性を否定できない。いかなるルートで覚せい剤を入手したのか、芸能人たちの間で特定の覚せい剤流通ルートがあったのかといった点について捜査を進めている」と話した。一方、米国から覚せい剤を持ち込んだとして逮捕・起訴されたキム・ソンミン氏は最近、控訴審で執行猶予付きの判決を受けた。

鄭智燮(チョン・ジソプ)記者



http://news.livedoor.com/article/detail/5451883/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


スカーレット・ヨハンソンがショーン・ペン同伴でリースの結婚式に出席
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110330-00000005-mvwalk-movi
写真拡大シンディーは義援金を呼びかけた(撮影・畔柳ユキ) 東日本大地震はライブ会場にも大きな爪跡を残した。仙台を中心に東北のホールは壊滅状態だという。
 大きく揺れた首都圏では、ベルリンフィルなど世界的なオーケストラも演奏する「ミューザ川崎シンフォニーホール」で天井が無残に崩落。半年程度は使えないようだ。
 イベント、ライブ、落語会の延期、中止も相次いでいる。
 そんな中、安全性に問題がなかった東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで米歌姫シンディー・ローパーが東京公演(16~18日)を決行。初日を観た。
 渋谷駅から東急本店へ向かう道が薄暗い。ヤマダ電機に並んだテレビは電源を落とし、「電池、カセットコンロは売り切れました」の貼り紙。ドン・キホーテのネオンも消えていた。
 漂う不安をシンディー姐は歌で吹き飛ばした。
 大人っぽい最新アルバム「メンフィス・ブルース」の新曲に加え、「シー・バップ」「グーニーズはグッドイナフ」「タイム・アフター・タイム」といったヒットナンバーを目いっぱいのボリュームで歌いあげる。
 セットは電飾などなくシンプル。照明は終始ムーディーな暗さ。かえってシンディーの気力が際立った。
 客席中央に何度も降りてきては、ハグしながら「がんばって」「元気ですか?」と日本語まじりで声をかける。アンコールの「トゥルー・カラーズ」の前にこう言った。
 「日本人はストロング・ピープルだから、この悲劇も必ず乗り越えられる。元気を出そうよ」
 歌の最後は、シンディーの合図とともに「♪リメンバー・パワー。リメンバー・パワー。パワー・トゥ・ザ・ピープル」の大合唱で幕。どこからともなく女性ファンが「ありがとう! シンディー!」と声をあげた。
 節電なのに…という意見もあるだろう。でも在日外国人が続々と離日するなか、震災当日に成田に降りられず横田基地を経て来日したシンディー。余震の揺れや原発事故をものともせず、公演を実現した心意気には拍手をおくりたい。
 帰りのロビー。シンディーが呼びかけた義援金の箱をのぞくと、お札ばかりだった。
 ■中本裕己 夕刊フジ芸能デスク。昨年の“目劇”数はコンサート110本、映画33本、落語会12本、舞台11本。まだまだ修業が足りない。



http://news.livedoor.com/article/detail/5449600/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


Facebookの友達解除――オルタナブロガー“友達”論争
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000032-zdn_ep-sci

Copyright © 芸能エンタメニュースをFC2ブログで All Rights Reserved.
[PR]
ブログパーツ エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。